続・himebowのダブルバーズな日々

ヤフー・ブログからお引越ししました。 もうすぐ結成15年のスクェア・トリビュート・バンド「ダブルバーズ」な日々を散りばめつつ、ライフワークな「T-SQUARE」「伊東たけし」「福岡ライオンズ」をコアに攻めつつ、自分史のまとめなんぞもしつつ、日々の備忘録的なブログの続編!?でございます。。。

随分、間が空いたhimebowブログ・・・

前回が6/15・・・

実は、6/16に実父を看取りました・・・

父には申し訳なかったが、コロナ禍を鑑み、家族葬で見送りました。

きっと、いろんな方々に不義理をしてしまいました。

我々、子供達の生活も落ち着き、死去から1ヶ月経過したので今朝の新聞にお知らせを載せました。

 

 

ここからは、himebow家の備忘録である。

7年前に母が先立ち、一人になった父。

いわゆるお屋敷に80過ぎの老爺の一人暮らしが始まった。

それまで50年、家のことはすべて母がやってた訳だから、食事から洗濯等々子供達でのサポートが必要となった。

感心なことに風呂の準備と洗面だけは自立してた。。。

癌死した母との10ヶ月の生活は、父を心身ともに疲弊させた。

元々、認知症の家系なのだが、そこを境に認知症が始まった。

とにかく寝る・・・

起こしても起きない。起きているのは食事の時間だけ。

いろんな事への関心が薄れていった。

オイラが主治医となり、カミさんや妹が身の回りをサポート。

夜の晩酌はオイラと弟がお相手した。

刺身と温燗の日本酒があれば、それでよかった。

 

1年も経たずに、「母さんはどこに行った」が始まった。

「孫達のお世話で京都に行ってるよ」で、すべて納得してくれた。

夜中に電話がかかってくれば、大体ゴルフの準備が始まった合図だった。

「朝、迎えに行くから」で解決したが、寝室に某警備会社のモニター監視を取り付けた。

残念なことに、父が電気を消せばモニターは暗闇となった。

途中から家政婦を雇った。夜中の下の不始末がきっかけだった。

さらに、小規模多機能施設の利用が始まった。

日中はそこで生活し、夜は自宅で我々や家政婦さんで対応。

ここまで5年間が経過した。この間、クリニックに通院してもらった。

6年目は有料老人ホームで過ごした。訪問診療を開始した。

7年目、この1年はクリニックの敷地内にあるグループホームに入所した。

有り難いことに、父の育てた法人内の各施設を利用させてもらった。

それぞれのところで大事にしてもらえた父は幸せもんである。。。

毎年、正月は家長として挨拶してもらっていたが、昨年から難しくなった。

 

昨年末に転倒して右大腿骨頸部骨折を受傷した。

入院せずに2週間粘ったが、除痛目的でクリスマスに手術した。

術後の不穏と拒食が酷く、大晦日に退院した。

正月早々、マジで大変だった。

とにかく食べない。離床もままならず・・・

訪問看護にも苦労かけた。

さすがに、このまま看取りは寂しすぎる・・・

転機は滋養強壮「ゼナ」だった。。。

たぶん、カフェイン効果だったと思われるが奇跡的に食べ始め、車いす離床にこぎ着けた。

曽孫の誕生や孫の国家試験合格を喜んだりしながら春を迎えた。

それなりに安定した状態を保っていたのだけど、5月末に心筋梗塞を起こした。

家族内で「もう入院はさせない」方針だったので、施設で経過をみることにした。

全く食べなくなり、心不全を併発した。

点滴の針穿刺で不穏は酷くなる一方。点滴治療は中止となった。

幸い、心臓症状は悪化せず、酸素投与も不要となったが、全く食べない。

今回は、「ゼナ」効果も得られなかった・・・

THE ENDである。

看取り対応が始まった。

亡くなる数日前に最後の晩餐をした。

父は少し炙った海苔のにおいが大好きだった。

その海苔を使った、オイラの渾身の親指大おにぎりを手に取って食べようとした。

「父さん、いい人生でしたねぇ~」

何度も言ってみた。実際、いい人生だったと思う。。。

 

6/16 14:05 老衰にて父は静かに息を引き取りました。

改めて、お世話になった皆様に父に代わって深謝いたします。

 

本日、ここまで!!

すっかり御無沙汰が定例になったhimebow
仕事は一所懸命やってるのでご安心をって。。。

4、5月は楽器を触る事もなく、仕事以外の時間はダラダラ生活。

この春から子供が6年間の大学生活を終えて社会人として実家に戻って、こっちの生活リズムもすっかり様変わりなのだ。

おまけにコロナ禍の自粛生活が加わって、さらに困ったのが金欠病再発!!

オイラの悪い癖、、、

ストレス溜まったら「なんか買う!!」「なんか喰う!!

自粛で「なんか喰う!!」が出来ないもんで・・・

今年に入って「なんか買う!!」が節操なくなってた・・・

欲しいものは(節度を持って)カード10回払いをマイルールにしてんだけど、なんか家庭内自己破産!?

なんとなく二重、三重苦で、なんもする気にならん・・・

これがコロナ鬱???

そうだ、いや違うだろうって喧々諤々さ。。。

 

9/4に簡単なライブを計画中なんだ。

会場の関係で、よりコンパクトなスタイルを模索してまして、、、

EWI1000/EWV2000スタイルから4000sに戻す必要が出てきたのよ。

そもそもメカ音痴でMIDIインターフェイスってナニさ???ってレベル。

折角なんで、4000sの音作りに没頭するって、どうよぉぉぉぉ。

そんなことを考え中な今日この頃さ。。。

 

 

ところで、父親の終点が近くなってきた。

老衰である。

主治医はオイラだけど、きょうだいで終末の方針は一致してる。

穏やかな終点。

点滴すらもしない看取り。

なんせ、針を刺されるのが一番嫌いな患者なのだ。

最期に最高な親孝行をしています。

 

オイラははっきり言って2代目ボンボンである。

父を超えることは出来そうにない。

そもそも超えようなんて考えたこともない。

ただ、文字通り、父の背中を見ながら医師になったし、その姿に近づこうとはしてきた。

 

父は昭和40-50年代の大分の外科をリードしたひとりである。

特に大学病院がなかった当時、伯父と二人三脚で大分市東部の救急医療・地域医療を支えていた。
父の全盛期を知る人なら異論はないはずだ。

余暇はゴルフにすべてを注いだ。

家族との時間もほとんどない。父と遊んだとか、人生相談したとか思い出はない。

すべてをゴルフに捧げてた?

いやいや、実際は24時間の60分位だったろうか。

それ以外は、すべてが患者との時間だった。と思う・・・

なので、オイラもその姿勢は実践しているつもり。

 

父とは顔はちっとも似てない。と思う・・・

ところが、生活パターンは、気づけば全く同じだった。

子供と遊んだり、父兄会に参加したり、人生相談に乗ったり・・・全くしてこなかった。

父の姿が、オイラのモデルそのものだった。

そこに最近、気がついた次第。

しかし、偉大過ぎて超えることはない。。。

 

故和泉宏隆作の「FORGOTTEN SAGA」って曲がある。

タイトルは、反語的意味で「忘れてはいけない英雄」って解釈していたの。

和泉さんは生前、そのまま「忘れられた英雄」と語っていたらしい。

父は、8/1589

母が亡くなって7年経つが、同じ時期から現役を退いた。
以来、世間との交流はなくなった。

あぁ、「忘れられた英雄」ってこのことなんだ。と思う今日この頃である。


 

本日、ここまで!!

もうさぁ、いや~な気持ちがくすぶってるじゃん、なhimebow

たぶん、み~んな同じだよね。

なんとかなんね~のかよぉ・・・って。

我慢出来ねぇのも判るけどさ、我慢するしかないんだよ、今は。。。

いずれ、日は昇るんだからさ。

ただ、今を乗り越えないと明日がないかもしれないんだよ。

若者だって、下手すりゃ死ぬよ。

大人は子供達に手本をみせなきゃいけないだろぉって。

 

こんなグダグダな流れになったのもガースーが無能だからだよ、全く。

目先の判断しかやらないから、もうグダグダだよ。

民衆をひっぱるラストチャンスが先般の会見だったと思うのね。

「オリパラやりたい」を「オリパラやれない」とアナウンスすれば、ちっとは民意を動かせたかもって思うんだ。

ここまで民意と乖離した政策って、かってあったんだろうか???

やってらんね~よ、まったく。

こんなだから、某池江選手に不要な火の粉が飛んじゃうんだよ。

ガースーの責任だよ。

 

 

そんな中で、58歳の日を迎えたんだ。

この1年間、コロナに振り回されてたけど、この4月、開院から苦節7年目にしてクリニック改修が行われたのさ。
なにしろ1979年に建った前診療所をそのまま引き継ぎ、古き良き昭和のかほりを漂わせながら頑張ったオイラ。

院長室に至っては、ゴキとダニの巣窟だったからな。

オイラは院長室の改修を辞退したんだけど、職員の民意は「まずは院長室から」と嬉しい申し出。

40年ものの本棚の裏からGの屍が50匹は出てきたから、ただただ唖然。

ぜ~んぶ、リメイクしてもらったら、なんとフレ~シュな気分になったことか・・・

机と本棚は父の書斎から、ソファーは母の形見分けで実家から新院長室に移設。

お陰で嬉しくって涙が出るぜって。。。
lyilgil

スクェアの新譜のレコーディングで流行ったフレーズ。

「フレ~シュ!!



今朝、無事に目が覚めて58歳になった。

大して感慨のない年であるが、とにかく「フレ~シュ!!」を連呼しながら生きていくぞ!!

 

本日、ここまで!!

このページのトップヘ